MENU TEL

腱鞘炎

手や腕の痛み、しびれは腱鞘炎の恐れあり。ひどくなる前に伊勢崎市南千木町のたかの接骨院・整体院へご来院下さい

腱鞘炎とは筋肉の両端に存在する腱が腱鞘と呼ばれる筒の中を通りますが、その腱と腱鞘の間に起きる炎症のことを言います。腱鞘炎にはバネ指、ドケルバン病と呼ばれる2つの代表的な病名があります。バネ指は手指を曲げ伸ばしする腱に起こる腱鞘炎であり、ドケルバン病は主に手指の親指側に起こる腱鞘炎になります。

腱鞘炎はそのまま放っておけば症状はひどくならない、いつか治ると安易に対応してしまう人が多いです。しかし放置すればするほど完治までの時間がかかってしまいますので早急に受診をおすすめします。伊勢崎市南千木町のたかの接骨院・整体院では腱鞘炎の治療症例も多いので安心して下さい。

腱鞘炎になると、手や指、腕がだるいと感じたり、動きにくかったり、痛みやしびれ、腫れを伴ったりする場合もあります。腱鞘炎には周期的に訪れる激痛症状があり、この痛みで日常生活に影響を及ぼしてしまうこともあるのです。伊勢崎市南千木町のたかの接骨院・整体院では患者様それぞれの症状に合わせて、最も適切な効果のある治療法を提案していきます。筋肉の疲労や緊張を取ることで、短期間での腱鞘炎治療が可能になってきます。