MENU TEL

Blog記事一覧 > 膝痛 > 筋力強化で膝痛予防。。

筋力強化で膝痛予防。。

2017.05.16 | Category: 膝痛

皆さん知っていますか?

「膝痛」の推定患者数は全国で約1000万人と言われています。

 

最近では、正しい歩き方ができていない若年層も多く

膝痛予備軍は年齢を超えて増え続けている状況です。

 

でも、なぜ「膝痛」が起きるのでしょうか?

たくさんの原因はありますがいくつかあげると・・・

 

・加齢による骨の新陳代謝の低下

・軟骨へのストレス

・肥満

・脚の冷えによる筋、靭帯の収縮

・O脚、X脚

・ケガの後遺症

・過度の運動、仕事による膝へ負担

・筋力の低下      などです。

 

 

特に膝の内側にある筋肉が弱くなってきますと

膝関節が不安定となり、膝痛の原因となります。

 

 

「立ち上がる時に痛い」、「階段の下りや歩き出しの時に痛い」というのは

ほとんどが膝の内側の軟骨がすり減ってしまい

骨同士が接触しやすくなってしまうことで炎症、骨の位置がズレて痛みがおきたりします。

 

 

膝痛は主に女性に多くおきます。

これは、男性よりも筋肉量少ない、基礎代謝が低下しやすいため太りやすい

ホルモンの分泌低下により骨が弱くなるなどの影響によります。

 

 

 

膝痛の予防として

①正しい歩き方の習慣づける

 

正しい歩き方とは、前に脚を出したときに膝が伸びていること。

前足はかかとから着いて、後ろ足は親指の拇趾でしっかり蹴りだします。

歩幅は大きく歩くイメージです。

 

②とっても簡単!お尻、太ももの前、内側のトレーニング!

 

・お尻の強化・

仰向けに寝て、片足は膝を軽く曲げ床につけて

もう片方の足は膝を伸ばしてまっすぐ足を上げたまま

お尻を持ち上げて三秒キープ。

これを三回、左右の脚で行います。

 

・太ももの前側の強化・

仰向けに寝て、片足は膝を軽く曲げ床につけて

もう片方の足は膝を伸ばしたままあげ

この状態で膝の曲げ伸ばしを五回~十回程行います。

 

・太ももの内側の強化・

まっすぐ立った姿勢で両膝の間に

クッション、折りたたんだタオルをなどを

はさんで、内ももに力を入れて三秒間キープ。

これを三~五回繰り返します。

 

日常生活で少しでも気を付けていただくだけで

膝への負担は軽減していきます。

皆様も試してはいかがでしょうか。。

 

 

 

たかの接骨院・整体院

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒372-0033群馬県伊勢崎市南千木町2391-1
駐車場10~12台あり
電話番号0270-61-8517
予約予約優先制