MENU TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 分煙の記事一覧

本日は嫌煙運動の日

2017.02.18 | Category: 未分類

本日2月18日は嫌煙運動の日です。

嫌煙とは?

受動喫煙を本人の可否にかかわらず強いられる ことについて異を唱えることだそうです。

1978(昭和53)年の今日嫌煙運動がスタートしたとされています。

 

 

喫煙・受動喫煙の害とは?

タバコの煙にはなんと4000種類の化学物質が含まれています。

その中には200種類以上の有害物質が含まれ、発がん性物質は50種類以上にものぼります!

その中でもニコチン、タール、は依存性が高い事でよく知られています。

ニコチンは危険物質のヘロインやコカインよりも依存性が高いとされています。

そのほかにも、ペンキ除去剤に使われるアセトンや、アリの駆除剤に含まれているヒ素、車のバッテリーに使われているカドミウムなど、体に大変有害な物質がタバコの煙には含まれています。

また50種類以上の発がん性物質が含まれており、肺がんをはじめ、食道がん、胃がん、子宮頸がんなど、さまざまながんを引き起こします。

それだけではなく脳卒中や心筋梗塞、動脈硬化、高血圧、糖尿病、メタボリックシンドローム、胃潰瘍、COPD、肺炎、喘息、うつ病、バセドウ病、骨粗鬆症、EDなど、全身の病気のリスクを高めることがわかっています。また病気のリスクだけでなく、妊娠・出産への悪影響や乳幼児突然死症候群の発症リスクにも関連してきます。

タバコの害は、本人だけではなく喫煙者の周囲にも及びます。タバコを吸わない人でも、喫煙者によるタバコの煙を吸ってしまう事(受動喫煙)、喫煙者の衣服や部屋の壁紙にも有害物質がつく事でがんのリスクが高くなるのです。

きちんと分煙されたスペース以外では吸わないことが最低限のマナーです。

日本では2020年の東京オリンピックに向けて、厚生労働省がたばこの全面禁煙を原則とする制度案もでていますね。

この機会に自分のためだけでなく、家族や周囲の人たちの健康のためにも、禁煙を考えてみましょう!

当院へのアクセス情報

所在地〒372-0033群馬県伊勢崎市南千木町2391-1
駐車場10~12台あり
電話番号0270-61-8517
予約予約優先制