MENU TEL

シンスプリント

運動時のスネの痛みはシンスプリントの可能性!まずは伊勢崎市南千木町のたかの接骨院・整体院へご相談を

シンスプリントは脛骨疲労性骨膜炎とも呼ばれており、運動時にスネに鈍い痛みや違和感を覚えます。初期症状では運動をやめると痛みはありませんが、症状が進行すると運動していない時でも痛みが出てしまいます。このシンスプリントはランニングやジャンプをする動作が多いスポーツをしている人に良く起こるスポーツ障害の一つです。

シンスプリントは偏平足、筋肉の柔軟性の低下、硬い地面や悪い道でのランニングを続けていると起こります。運動時のスネの痛みは放っておくと治療が長引きますので、不快感がある場合にはまずは伊勢崎市南千木町のたかの接骨院・整体院へご相談下さい。

シンスプリントは治りが非常に悪い症状の1つです。その理由は運動をやめている時は痛みが出にくいため、病院や接骨院に行かずにそのまま放置するケースが多いためです。運動時に痛みを感じるようであれば伊勢崎市南千木町のたかの接骨院・整体院で早急に治療をスタートさせましょう。当院では患部へのマッサージなどの手技療法や電気療法、超音波治療、プロテクノPNFプライムを患者様の症状に合わせて積極的に行っていきます。