MENU TEL

足底腱膜炎

マラソンランナーに多い足底腱膜炎の治療は伊勢崎市南千木町のたかの接骨院・整体院へ

足底腱膜炎とは足底筋膜炎とも呼ばれる症状であり、スポーツ障害の1つです。マラソンやランニングを行うことで起こる症状であり、マラソンブームからか足底腱膜炎の治療でいらっしゃる患者様は非常に多いです。マラソンランナーの他にジャンプ動作を繰り返すエアロビクスなどの競技をしている方にも多く見られる症状です。足底腱膜炎を発症しやすい人としてはBMIが30以上の人が挙げられます。BMI30以上の人は肥満傾向にある方が多く足に全体重の負担がかかりやすくなってしまいます。また足首の関節が固い方も足底腱膜炎を引き起こしやすいでしょう。

足底腱膜炎の症状で病院を訪れると、整形外科での治療は消炎鎮痛用の湿布を処方されるだけ、安静にして下さいと言われるだけと嘆く患者様も多いです。痛みを取り除くことはできても、一時的にしのぐだけで根本的な原因治療にはなっておりません。

伊勢崎市のたかの接骨院・整体院では足底腱膜炎になった根本的原因を除去し、炎症を起こしている足底腱膜の消炎や鎮痛治療を行っていきます。また足首の柔軟性も重要になってきますので、筋肉をほぐし関節を柔らかくする施術、マッサージや整体、超音波治療、プロテクノPNFプライムなど、患者様の症状に合わせて治療法を決定していきます。足底腱膜炎の治療は伊勢崎市南千木町のたかの接骨院・整体院にお任せください。